税務調査は税理士へご依頼ください


税務調査・税理士へのお問合せ 税務調査を税理士へご依頼されたお客様の声 税務調査のよくある質問 税務調査料金表 税務調査ドットコム 税務調査・税理士へのお問合せ 税務調査ドットコム

税務調査は税理士へ

税務調査 > 税務調査トップ

税務調査.COMへお越しいただき、ありがとうございます。
当サイトは神戸にあります坂本税理士事務所が運営する税務調査の立会やご相談のサービスの窓口です。

以下のような方は、お気軽にご相談ください

  • 税務署から突然電話がかかってきた
  • 税務調査途中だが、高額の納税額を要求されている
  • 今の税理士とはちがう税理士に税務調査の対応を依頼したい
  • 無申告なので、これから対応したい
  • 売上除外や架空経費の申告をしてしまった

税務調査は自分で対応すればいい顧問税理士がいるから税務調査が入っても大丈夫
そう思っていませんか?

  • 税務調査の開始から終了まで、税理士は一言も喋らなかった
  • 税務調査の立会に担当税理士ではなく、無資格の職員が立ち会った
  • 税務署の主張に同調するばかりで、誰の味方か分からなかった

上記のような税務調査の立会に関する、納税者の方の不満をよく聞きます。

また

  • 税理士がいなかったから、多額の追徴税額を納めることになった
  • 一人で税務署に詰問されて、不安で夜も眠れなかった

上記のような不安や悩みを抱えておられる方のお話もよく聞きます。

税務調査の立会は税の専門家である税理士に任せましょう

これまで多くの税務調査に関わってきましたが、

  • もっと早く相談すればよかった
  • 素人の対応では無理だと痛感した
  • 納税額が減り、金銭的にも大変助かった

など、多くの方に喜んでいただきました。
税の専門家として、これからも多くの方のお役に立ちたい、
と思っています。

税務調査でお悩み・お困りの方はお気軽にご相談ください。

※税務調査のご相談内容について、外部でお話することはありませんので、ご安心ください。
(税理士には法律で守秘義務が課せられています)

税務調査を税理士に依頼するメリット

  • 税務署との折衝を任せることで、本業や日常生活に専念できます
  • これまで立ち会った税務調査の知識や経験に基づき、納税額の軽減に全力を尽くします

税務調査についてお問い合わせいただいた場合の流れ

1.お問合せ

まずは、弊所にご連絡下さい。
(ご連絡方法は、下記のどちらでも結構です)

i、お問合せフォームからのご連絡

お問い合わせフォーム

ii、お電話でのお問い合わせ

税務調査の電話相談

2.お客様の現状のヒアリング

弊所から、メールかお電話でご連絡させていただき、
お問い合わせ内容やご相談内容に関して詳細をうかがいます。
ご相談は無料です。
連絡手段は、電話、メール、のどちらかをお選びください。
お近くの方につきましては、弊所にお越しいただき直接お話をお聞きすることも可能です。

3.申込金のお支払

面談などにより、当税理士事務所にご依頼いただくことになった場合は、申込金のお振込をお願いしております。
通常は52,500円(法人等の場合は源泉所得税控除後の47,500円)です。

4.税務代理権限証書への押印

「税務代理権限証書」という書類をメールでお送りしますので
押印とご返送をお願いいたします。
この書類を税務署に提出することで、弊所が税務調査の代理窓口として税務署に認められることになります。

5.書類のお預かり及び打ち合わせ

税務調査の立会を進めていく上で、申告状況等を確認する必要がありますので
申告書等の必要書類をお預かりさせていただきます。
それらをいただき、不明点につきましてはご質問等させていただきます。
この作業がスムーズにいきますと、税務署との折衝も早めにできますので
ご協力をお願いいたします。

6.税務調査立会

税務署の行う税務調査に立ち会いさせていただきます。
すでに税務署の調査が終わっている場合は、税務署と折衝をさせていただきます。
税務署とのやりとりはすべて報告させていただきます。

7.修正申告書書の作成

修正申告が必要な場合は、最終的にお客様の承認を得てから申告書を作成させていただきます。
この段階で弊所報酬の残額の決定しますので、弊所へのご入金を確認しましたら、
完成しました申告書を各役所へ提出させていただきます。
なお、弊所は電子申告を採用しておりますので、申告書へ署名・押印を
いただく必要はありません。
(一部の地方は電子申告に対応しておりませんので、その場合は申告書に押印いただきます)

8.税金の納付書の送付

お客様に税金の納付書をお送りさせていただきます。
納付書の送付の際に、弊所報酬の残額の請求書を同封させていただきます。

9.申告書その他の書類の送付

各役所へ提出しました申告書・決算書をお送りさせていただきます。
また、お預かりしておりました原本書類をお返しさせていただきます。

10.業務の終了

以上で税務調査及び決算申告業務は終了します。
内容についてのご不明点・疑問点等ありましたら、些細なようなことでも
ご遠慮なく、お気軽にご質問ください。

税務調査 お問い合わせフォーム

  この度は税務調査.comをご覧いただき、誠にありがとうございました。

お問い合わせにつきましては下記フォームに必要事項をご記入の上、
最後に送信ボタンを押してください。

24時間以内にご連絡させていただきます。

なお、下記事項を全てご記入いただけましたらすぐにお見積もりをさせていただきます。

1)事業開始日
2)年商
3)業種
4)1ヶ月のおおよその領収書枚数
5)役員・従業員数
6)会計処理の状況(ひととおり会計ソフトに入力済、何も処理していない、など)

坂本和穂税理士事務所
御社名

例:株式会社 坂本商会
御社名フリガナ
(全角)

例:カブシキガイシャ サカモトショウカイ
担当者・お名前
(全角) [入力必須]

例:税金 太郎
フリガナ(全角)
[入力必須]

例:ゼイキン タロウ
郵便番号(半角)

例:650-0024
ご住所

例:神戸市中央区海岸通1-1-1
ビル名
(全角)

例:海岸通ビル 101号室
TEL(半角)
[入力必須]

例:078 111 1111
FAX(半角)

例:078 111 1112
メールアドレス
(半角)
[入力必須]
(半角英数字記号)
例:sakamoto-k@paw.hi-ho.ne.jp
時間帯
(選択)


ご希望の連絡方法をお選び下さい。
選択頂いた方法で24時間以内にご連絡させていただきます。

時間帯のご希望等がある場合は、下記にご記入ください。

例)午前中、19~20時頃 など。

事業開始日
年商
万円
例:3000万円
業種
業種をご記入ください。

例:卸売(食品)
1ケ月の
領収書枚数

おおよその数で結構です。
役員・
従業員数
役員 
従業員
会計処理の状況
お問い合わせ内容

例)税務署から税務調査すると連絡がありました。
自分で会計ソフトを使い、申告はしていますが
税務署との折衝をお願いできないでしょうか?
貴事務所にお願いしたらいくらになるか概算の予算を教えてください。

※弊所はプライバシーポリシーを遵守しております。
執拗な営業やご連絡を差し上げることはありませんので、ご安心ください。